食の安全と無農薬野菜

食の安全に対する意識が高まっている今日、家庭菜園で無農薬野菜を栽培する方が急増しています。
日々口に入れるものだけに、不純物や身体に害のある成分が少量であったとしても、蓄積されることで肝臓などの機能に悪影響を及ぼすこともあるのです。
また、純金属の毒性はその強い毒性から、日本では食品衛生法で厳しい規定がありますが、法の網を潜り抜けて害のある食材が紛れ込んでいないという保証はありません。


購入する際には衛生面を配慮して原産地をチェックするのは今では当然のこととなっており、そうしたニーズに応えて、スーパーで販売される食品は、原産地はもとよりアレルギー対策として加工食品に含まれる食材についても細かく記載されるようになりました。


小さなお子さんのいる家庭では、食の安全に対して敏感になっていますが、その結果販売元のわかる道の駅や、直売場に人気が集まっています。
地産地消で一石二鳥でもあり、結果的にすぐに商品が在庫切れになるというデメリットもあります。
最近では家庭菜園の野菜をネットで販売するケースも増え、顔の見える生産者が好まれる傾向にあります。


1人暮らしの方でも簡単にできる、プランターでのハーブやプチトマトなどの栽培から、農地を借りたり購入したりして農業を始める方も増え、家庭菜園への注目は右肩上がりとなっています。


このサイトでは家庭菜園で無農薬野菜を育てたいと考えている方に、様々なケースをご紹介するものです。
着手を躊躇している方の背中を押すお手伝いが出来れば幸いです。